ab.gif
女性の為のものは、バイブレータ(ローター)などがある。

バイブレータに人や動物の顔がついているおもちゃは、古いモデルであり現在はさまざまな形がある。

購入者には男性が多いと考えられてきたために、ハイパワーや高機能を謳ったものが多かったが、女性の購入者が増えてきたためにデザインや色がよりマイルドなものに変更されてきている。


真空吸入具


●乳房用

もともとは妊婦用の搾乳器。

女性の乳首を吸い上げることで乳首を際立たせる効果がある。

近年では動力つきの大型なものが登場し、海外のアダルトビデオなどに見られる。

コンプレッサーを用い、透明のアクリル製シリンダーを乳房に装着して使用する。


●陰核部用

俗にクリキャップと呼ばれる1990年代に登場した、ゴムなどで出来た小さなサック状の器具は、勃起した陰核に装着して使用する。


一般に陰核は最大限に勃起しても外陰唇より出るか出ないかといった大きさで、また絶頂に達する前に萎えてしまうため、これを持続的に刺激するために考案された。


キャップを指で潰して装着、キャップ内を陰圧とする事で、陰核に吸い付かせる形で装着する。

もとは実験用のスポイトのゴム球部で代用されていた。

キャップ内を陰圧とする事で、陰核の勃起を強制的に持続させると共に、キャップ頭部が常に陰唇の外部に飛び出した格好となるため、これに触れる形で陰核を刺激する。



女性の為のものは、バイブレータ(ローター)などがある。

バイブレータに人や動物の顔がついているおもちゃは、古いモデルであり現在はさまざまな形がある。

購入者には男性が多いと考えられてきたために、ハイパワーや高機能を謳ったものが多かったが、女性の購入者が増えてきたためにデザインや色がよりマイルドなものに変更されてきている。



バイブレーター


●スティックタイプ


バイブレーターの中でも棒状のタイプで、その名のとおり、モーターと錘(またはカム)により震えるようにできており、中には全体が屈伸したり表面の凹凸が変化するなどの複雑な機構を備えた物もある。


またそれら機能を適切に配置する事で、陰核を刺激するための装置が取り付けられているものがあるなど、より過激な興奮を得られるように改良が続けられている。


但し俗説では、女性は実物よりも大きいサイズを好む傾向があり、それに慣れてしまうと実物の人間の男性に満足できなくなり欲求不満になるとも言われる。


女性の膣の深さは、日本女性で平均14 - 15cmとされている。女性の性器は非処女であっても、大きなものの挿入に対して実質的な痛みや恐怖を伴うために、必ずしも大きなものを求める女性ばかりとは限らない。


出産経験者が膣がゆるくなるといった話から、女性の膣は伸びやすいと思われがちだが、括約筋は拡張し続けなければ収縮して元にもどる。


また、クリトリスやGスポットを刺激して得られる性感と子宮口を圧迫して得られる性感は著名だが、膣口を拡張して得られる性感は個人差が大きい。


性感の調査の上では単純に巨大なものを挿入した際に、圧迫感が強すぎて挿入感が鈍るという報告も見られる。


そのため必ずしも性具を用いた場合に大きなサイズを好むわけではない。実際12cm程度の小さなディルドーもロングセラー商品として販売され続けている。



古くはどぎついピンク色や黒のものが多かったが、オナニーがファッション化するにつれ、デザインや色が、いやらしくない物が増えて来ている。


近年では女性向けの入りやすいアダルトグッズショップや、インターネット上の通販サイトが増えており、幅広い年齢層に受け入れられる関係から、初心者向けの細くてシンプルな物から、上級者向けの巨大で凹凸が激しく刺激が強い物まで様々な製品が用意されている。



通販の雑誌において取り扱われる場合、表向きは目の周りのマッサージ器などと称して売られている(前述の薬事法による規制のため)場合があるので注意する必要がある。但し注意書きとして不自然に防水機能を備えているとか直径○△センチと書かれているので勘のいい人にはすぐ理解できる。


ケースに可愛いイルカの縫いぐるみなどが用いられることがある。これは寡婦や離婚した女性が子供に見つかってごまかす時の状況に配慮しての理由からである。だが可愛いケースによって逆に子供の目を引く結果となることもある。




●主なバリエーション


電動こけし:バイブレータの中でもこけしの形をした性具のことを言う。こけし (性玩具)を参照。



◆うねり

首振りタイプ:内部にモーターとロッド、カムを仕込むことで棒部分をうねらせるもの。



◆三点タイプ

内部モーターの振動を利用し、棒状部の付け根に2つの突起を設けたもの。肛門と陰核を刺激するために作られている。極初期に出た「熊ん子」から続く代表的なタイプ。



◆パールタイプ

内部に小さな球を詰め込み、それを攪拌することでバイブ表面を変化させるもの。



◆ローター内蔵タイプ

廉価版で、スティック状の本体に、後述のローターを仕込むもの。アクションには乏しいが経済的である。



◆自作タイプ

野菜など好きな形状のものを型取りし、シリコーンを流し込むことで自作が可能なキット。振動は後述のローターを組み込む。



◆双頭タイプ

振動部が中央にあり両端が挿入可能になっているもの。これは、女性同士が松葉崩しの体位のように互いの外陰部を近づけ、互いの膣口にバイブレータのそれぞれの頭をあてがい、挿入し合うものである。



◆防水タイプ

ほとんどがシンプルなスティックタイプでOリングなどを用いて入浴しながらでも使用できるタイプ。



◆家庭用電源タイプ

乾電池ではなく100Vコンセント(ACアダプター)で使用するタイプ。



◆リモコンタイプ

無線でスイッチのオン・オフ、強弱の変更を可能にしたもの。



◆ストラップ装着型

いわゆるペニスバンド。バイブレータ付きのものは少ない。



◆ロータータイプ

ピンクローター(または単に「ローター」と呼ばれる)は、バイブレーターの振動部分だけを取り出したものであり、膣内などへ挿入しての刺激よりも、陰核を刺激したり、乳首を刺激したりして楽しむ用途に向くよう小型化されている。またその見た目から心理的抵抗が少なく所有しやすい。


乾電池のケースとスイッチ部分が振動部とケーブルで接続されている場合が多いが、このケーブル部分や振動部への接続はきちんと防水になって無い事が多く、また引っ張り強度が弱い物もあるため、挿入の用途に向かない製品も見られる。


これらは念のため、挿入に際してはコンドームを装着して使用した方が良い。



主なバリエーション


◆バタフライタイプ

ストラップを配して、下着のように身に着けられるようにしたタイプ。名前の通り蝶を模したものが知名度が高い。



◆リモコンタイプ

無線でスイッチのオン・オフ、強弱の変更を可能にしたもの。リモコンが一見文房具のペンのように他人の目を誤魔化せるものも登場している。これらは羞恥プレイなど一種の「プレイ」の一環として利用される事もある。



◆マラカスタイプ

マラカスのように取っ手のついたタイプ。挿入しやすい。両端が大小のローターになったタイプもある。



◆防水タイプ

一回り大きいが防水性を高めたもの。
家庭用ハンディマッサージ器用アタッチメント
近年発売されている肩や腰などをマッサージする器械の先端部を交換、挿入もしくは振動刺激が楽しめるようにするもの。もともと大人のおもちゃではないものを利用するのでハイパワーな上、アタッチメント自体は単純な構造で洗浄しやすい他、アタッチメントを外しておけば収納も容易という利点がある。主に海外製。

女性の為のものは、バイブレータ(ローター)などがある。

バイブレータに人や動物の顔がついているおもちゃは、古いモデルであり現在はさまざまな形がある。

購入者には男性が多いと考えられてきたために、ハイパワーや高機能を謳ったものが多かったが、女性の購入者が増えてきたためにデザインや色がよりマイルドなものに変更されてきている。



ディルド(張形)

男性性器を模した物で、モーター等は内蔵されていない。


金属性や木製・陶器製の物などが古くからあったが、あまりに固過ぎて違和感(もしくは異物感)もあったためか、近年ではゴムやシリコーンと云った、柔らかい素材の物が好まれるようである。


逆に硬いガラス製の物もある。両端が男性器を模した物もあり、こちらは女性同士が楽しむためにも用いられる。


発展形として腰の前面に装着するためのベルトまたはパンツと一体化されたペニスバンドがある。多くの商品で張形を外向き、内向きに変更可能。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。