ab.gif
大人のおもちゃ使用に関しての心構え


◆相手への配慮を忘れずに

男女間や同性間でこれら器具を用いる場合、相互の合意は必須である。

当人の意思を無視して使用すれば、相手を心理的にも肉体的にも傷付ける結果になりかねず、本来快楽を得るはずの行為が、不快な結果に終わりかねず、特に女性の場合は、生殖器に本来異物であるこれら器具を挿入する行為に、生理的な嫌悪感を抱く人もあるため、男性の一方的な好奇心から、これら器具を使用され、心理的にダメージを負う事もあり、その結果不感症に陥るケースも報告されている。



◆無理に挿さない

不適切に太すぎる器具の挿入は器具の破損や性器の裂傷を負わせる危険もあり、場所が場所だけに傷口が不衛生になりやすく、感染症を引き起こす事がある。

特に痔などの慢性疾病がある人は注意が必要である。また特殊な趣味がある場合でも、できれば下痢などの消化器系疾病のある状態での肛門刺激は行わないこと。



◆挿し込み過ぎに注意

女性生殖器や肛門を刺激する器具の多くは、必要以上に深く挿入できないような構造になっているものの、稀にそのような安全機能(フールプルーフ)を持たない製品がある。


それらを深く挿入し過ぎた場合に、子宮口や直腸・S状結腸などを傷付け、その原因となった行為の羞恥心から医師への受診が遅れ、腹腔内の感染症を併発して死に至るケースもある(耳掻きと一緒で、あまり深く入れるのは考え物で、特に女性器の場合、膣入り口から3〜5センチ程度(位置や感度は個人差も見られ、また興奮の度合いによっても感度が大きく異なる)の辺りが、最も「感じる」部位(Gスポット)であるとする説が有力であるため、深い挿入は逆効果であると考えられる)。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。