ab.gif

使用時の注意


仮にも露出した粘膜組織を持つ性器をこれらの器具で刺激する行為は、食事と同様に衛生的でなければならない。



◆器具は常に清潔に保つ

不潔な状態のまま使用すれば感染症を引き起こす危険もあるために、使用前にきちんと清潔にする。肛門に使用した器具を、そのまま性器に挿入したり絶対にしてはならない。



◆使用後の手入れは十分に

説明書に手入れ方法が記されているならばその通りにし、それ以外の場合には十分水洗いをして乾燥させ、湿気の無い場所に保管する。

また用途面での倫理的な問題もあるので、未成年者の目に触れないように気を付ける。



◆古い器具には気を付ける

使用を繰り返すと摩擦などにより、器具表面に細かい傷が付き、その細かい傷に細菌が繁殖する事もあるため、古い器具は特に良く洗うべきである。また古くなった器具に溜まった汚れが感染症の原因になる事もあるので、かぶれや違和感があったら使用を止めて、医師の診察を受ける事を勧める。



◆共有は避ける

複数人数でこれら器具を共有する場合には、相互の性病やウイルス性肝炎などの接触感染症が器具を介して伝染する可能性もあるため、共有は避けるか、きちんと殺菌消毒する位の心掛けが必要と思われる。



◆コンドームを使用する

より万全を期すために、コンドームを器具へ装着して挿入することが望ましい。
使用前の注意点


これら器具には粗悪な工業製品が多い事は前記の通りであるが、粗悪な製品の中には使用すれば負傷する事のある物まであるので、使用前に安全かどうかを良く調べる必要がある。



◆製造時の樹脂成型における問題

プラスチック部分を良く目で見ると共に、手で触れてバリや尖った部分が無いかを良く確認し、もしバリがあった場合、使用前にヤスリなどで削り落としたりしておいたほうが良いと思われる。



◆強度のチェック

強く握ったり振ったりしてみて、簡単に壊れてしまわないかを確認する。
ちょっと力を入れただけで、簡単にバラバラになってしまったり、部品が破損しそうなものは絶頂期に、勢い余って壊すかもしれないので、気を付けるようにする。



◆動作のチェック

モーターなどの動力がついている物は、一通り動作させて、不自然に熱を持つ部分が無いかを触れて確かめる。

中には設計上や製造上の問題から、摩擦により発熱して部品が溶けたり、一部が異常発熱して火傷する可能性もある。

また部分的に熱くなる場合は、その部分に負担が掛かっていて、そこから破損する可能性もある。



◆使用前に清潔にする

基本的には食器と同じで、初めて使う前に、洗えるなら一度良く洗うようにする。これら器具は滅多に「展示品処分」等という事はないが、不衛生な工場で生産・梱包されていたり、長らく衛生的とは云いがたい倉庫に保管されている場合も少なくないからである。

口に触れても気にならない程度には清潔にしておいたほうがよい。



◆水中使用に関する問題

バイブレータやロータの一部には防水仕様のものがあるが、JISなど第三者機関での試験を行っているものはほとんどない。水中での使用はあくまでも自己責任になるので注意が必要。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。